貼るヒアルロン酸に涙袋効果がある?若い人にもメリットあり?

貼るヒアルロン酸に涙袋効果がある?若い人にもメリットあり?

貼るヒアルロン酸は画期的な美容アイテム。とくにエイジングケアアイテムとして注目されています。

 

専用のシートを目元や口元に貼ります。突起がシートに集約されていて、そこからヒアルロン酸などの美容成分が肌の奥にじっくりと浸透していく仕組みになっています。

 

ダイレクトに肌の奥にヒアルロン酸を注入できるため、肌の潤いやハリ感といった効果があり、シワ対策といったアンチエイジング効果が期待できます。

 

そんな貼るヒアルロン酸は、『涙袋』の演出効果もあると話題になっているようです。その真実やいかに!?

 

涙袋があるとキュート!

顔の印象は目で変わるといっても過言ではないほど、目元の印象は強いものです。

 

女性らしい、かわいいといったイメージがあるのが、「涙袋のある目元」ではないでしょうか。

 

憧れている女性も多いと思いますし、ぷっくりとした涙袋はキュートで、男性受けが良いという話もあります。

 

涙袋とは、目の下にできるふくらみのことです。「涙堂」や「ホルモンタンク」とも呼ばれます。涙液がたまっている部分ですが、とくに女性ホルモンの分泌が多いとふくらむらしく、ホルモンタンクという名でも知られています。

 

目元の印象も涙袋で大きく違いが出るといってもお過言ではありません。若い人は涙袋があるとキュートなイメージがあります。

 

ですが、目元はとてもデリケートなので、老けた印象が出やすい部分です。たとえば、小じわもそうです。涙袋もハリがあるうちはいいですが、年齢を重ねると真っ先にたるみやすく、老け顔印象の元にもなってしまいます。

 

涙袋に効果があり?貼るヒアルロン酸の作用

前述にもあるように、涙袋がある目元はデリケートです。顔の中でも一番デリケートな部分で、敏感です。

 

年齢を重ねて起こるトラブルが顕著にあらわれやすく、涙袋もたるみやすくなります。

 

たるみを防いで涙袋をキープする意味でも、貼るヒアルロン酸は効果が期待できますし、涙袋の演出にも効果があるといわれています。

 

なぜかというと、ヒアルロン酸という成分にポイントがあります。まず、涙袋というのは作ろうとすると、整形施術が必要になってきます。

 

メイクで演出する方法もありますが、本来の肌で作るのなら、やはり整形が該当する施術方法です。その整形において、よく使われているのがヒアルロン酸です。

 

ヒアルロン酸を注入することでふくらみを形成する施術があり、それに基づいた理論から、貼るヒアルロン酸も涙袋づくりに効果があるのではないか、と言われています。

 

ただもちろん、個人差がありますし、貼るヒアルロン酸はそもそも涙袋形成のためのアイテムではないので過信はよくありません。

 

涙袋を作ろうとやっきになってあれこれ手をいれたり、貼るヒアルロン酸を多用することが、かえって目元のトラブルを生む原因になることもあります。

 

何度も言いますが、目元はデリケートな部分です。適度な刺激がエイジングケア効果など美容効果につながることもありますが、刺激を与えることで、取り返しのつかない肌トラブルの元になることも忘れないでください。

 

貼るヒアルロン酸も毎日使うアイテムではありません。なんせ、シートには約700本以上の突起した針がついているので、それなりに刺激があります。

 

定期的に利用するから適度な刺激になり、肌に良い効果が出るのですが、多用しても効果が絶大になるわけでなく、反対に肌の調子を低下させかねません。必ず、使い方を守って正しく利用しましょう。

 

涙袋ケアとして取り入れるなら、目の下のちょうどいい部分にきちんと貼り付けて、寝ている間に剥がれないように、正しく使用してください。

 

涙袋作り・ケアにおすすめの目元トレーニング

涙袋というのはヒアルロン酸や女性ホルモンだけでなく、筋力も関わっています。目の筋力が保てなくなると、たるみの原因になり、かわいい印象の涙袋も一変、老けた印象の元にかわってしまいます。

 

涙袋づくりや維持のためには適度な筋肉も必要で、そのためには目元トレーニングもおすすめです。トレーニングといっても、ハードな運動ではなく、目を使った簡単なエクササイズです。

 

  1. 両目をギュッととじて、5秒キープ!
  2. 思いっきり目をひらいて、まっすぐ正面をみつめる。
  3. 目を最大にまで見開いて、目をぐるりと5回まわす。

 

これを適度な回数のセットで、継続することによって目の筋力を高めて、涙袋作りだけでなく、シワやたるみ対策になります。

 

貼るヒアルロン酸はスペシャルケアに

過剰な刺激や美容ケアは逆にあだとなることがあります。

 

貼るヒアルロン酸も使うほど効果が出るわけでなく、1週間に1回ほどのスペシャルケアとしての使い方が推奨されています。毎日使うものではありません。

 

涙袋を作るために利用するとしてもそれは条件になります。絶対に使い方は守ってください。